研究・論文発表

About Us

RESEARCH THEMES

研究内容

薬物の投与部位として、消化管、鼻腔、皮膚、口腔等に注目し、鼻腔内投与による脳への薬物送達、鼻粘膜を介した薬物の頸部リンパ節送達、薬物の溶解と吸収・膜透過との関係、薬物の消化管吸収に対する食物・飲料の影響、大学と薬局の連携による基礎と臨床の橋渡し研究、軟膏剤の混合性と塗布後の薬物の皮膚透過性等々、研究内容は多岐に及んでいます。

1.鼻腔内投与による脳への薬物送達

血液と脳組織との間には血液-脳関門が存在し、薬物の脳移行を制限しています。特に水溶性が高く、分子量が大きいペプチドに関しては、有効な量を脳へ送達することはきわめて困難です。一方、鼻腔と脳組織との間には血液を介することなく、直接、脳組織に通じる薬物移行経路が存在することが確認されています。つまり、鼻腔内に薬物を投与することによって、血液-脳関門を回避した脳への直接送達が可能です。本研究室では、この移行経路に注目し、活性の高い生理活性ペプチドを対象に、認知症や自閉症スペクトラム障害などに対する有効な治療法の開発を目指しています。動物実験を通じて、より効率よく鼻腔から脳に薬物を送り込む方法を模索しています。

1.鼻腔内投与による脳への薬物送達

Akiko Tanaka, Tomoyuki Furubayashi, Mari Arai, Daisuke Inoue, Shunsuke Kimura, Akiko Kiriyama, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Reiko Yutani, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Delivery of oxytocin to the brain for the treatment of autism spectrum disorder by nasal application. Mol. Pharm. 2018, 15(3), 1105-1111.

2. 鼻腔内投与型粉末状製剤からの薬物吸収動態解析と製剤最適化システムの構築

鼻腔内の水分量は消化管に比べて少なく、粉末状製剤の投与では、製剤からの薬物の溶出性がその後の吸収に大きく影響を与えます。本研究室では、ラマン分光法などの分析機器を利用した種々の製剤添加物の機能と薬物溶出性評価の手法及び粘膜透過との関係性から、最適な鼻腔内投与型粉末医薬品の製剤化を導く評価システムの構築について検討を進めています。

3. 鼻粘膜を介した薬物の頸部リンパ節送達

鼻粘膜下には血管の他にもリンパ網が発達しており、他の頭部を走るリンパと共に頸部リンパ節に集められます。頸部リンパ節は、頭部での感染やがんの転移に対抗する場であり、樹状細胞などの免疫に関わる細胞が活性化されます。本研究室では、モデル薬物による鼻粘膜吸収過程におけるリンパ管移行の選択メカニズムの解明の他、免疫を賦活させる薬物や抗がん剤の頸部リンパ節移行性および作用発現に関する検討を行っています。

4. 難水溶性薬物の吸収改善

一般に、薬物が生体膜を透過するためには、水に溶解する必要があると考えられています。ところが、当研究室では、ある薬物の固体粒子が細胞と直接接触することで、周囲の液体に溶解しなくても、吸収されるという新しい膜透過機構の可能性を見出しました。溶解度が低いために臨床応用されなかった一部の医薬品候補化合物が臨床応用される可能性を意味しており、その詳細なメカニズムを現在、検討しています。

4. 難水溶性薬物の吸収改善

Shunsuke Kimura, Sachiha Kasatani, Megumi Tanaka, Kaeko Araki, Masakazu Enomura, Kei Moriyama, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Importance of the direct contact of amorphous solid particles with the surface of monolayers for the transepithelial permeation of curcumin. Mol. Pharm. 2016, 13, 493-499.

5. 薬物の消化管吸収に対する食物・飲料の影響

消化管内には、炭水化物、肉、野菜、ジュースなど、様々な食物・飲物が存在していますが、これらと薬物の相互作用(消化管吸収に対する影響)に関する詳細な情報はありません。そこで、ヒトが摂取する食物・飲物をラット消化管内に投与し、その後、消化管の中身を取り出して、消化管の中の環境をin vitroで再現する実験法を開発しました。相互作用をしやすい薬物の物性と食品の種類を明らかにしようとしています。

6. 大学と薬局の連携による基礎と臨床の橋渡し研究

大学と薬局が連携し、基礎と臨床の橋渡し研究を実施することで、エビデンスに基づく薬学的知見を社会に発信することを目的にしています。すなわち、日々の薬剤業務における疑問点を研究課題として取り上げ、大学(基礎)と薬局(臨床)が協力して研究に取り組んでいます。

7. 外用剤の混合性と塗布後の薬物の皮膚透過性との関係

アドヒアランスの向上や副作用の軽減などを目的に外用剤の混合調剤が行われています。しかし、混合により安定性や薬効に変化が生じるケースが報告されています。当研究室では、外用剤の基剤の構造とレオロジー特性に着目し、混合により生じるこれらの特性の変化が、混合後の製剤の安定性や薬物の皮膚透過性に及ぼす影響を調べています。

RESEARCH PAPER

研究論文

2018年

1. Shunsuke Kimura, Akiko Kiriyama, Kaeko Araki, Mai Yoshizumi, Masakazu Enomura, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Reiko Yutani, Reiko Teraoka, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Katsumi Iga, Toshiyasu Sakane. Novel strategy for improving the bioavailability of curcumin based on a new membrane transport mechanism that directly involves solid particles. Eur. J. Pharm. Biopharm., 122, 1-5, 2018.

2. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Shunsuke Kimura, Akiko Kiriyama, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Ken-ichi Ogawara, Toshikiro Kimura, Kazutaka Higaki, Reiko Yutani, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi. The relationship between in vivo nasal drug clearance and in vitro nasal mucociliary clearance: Application to the prediction of nasal drug absorption. Eur. J. Pharm. Sci., 117, 21-26, 2018.

3. Akiko Tanaka, Tomoyuki Furubayashi, Mari Arai, Daisuke Inoue, Shunsuke Kimura, Akiko Kiriyama, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Reiko Yutani, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Delivery of oxytocin to the brain for the treatment of autism spectrum disorder by nasal application. Mol. Pharm., 15, 1105-1111, 2018.

4. Tomohiro Umeda, Akiko Tanaka, Ayumi Sakai, Akira Yamamoto, Toshiyasu Sakane, Takami Tomiyama. Intranasal rifampicin for Alzheimer’s disease prevention. Alzheimer’s & Dementia, 4, 304-313, 2018.

5. Daisuke Inoue, Shunsuke Kimura, Akiko Kiriyama, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Ken-ichi Ogawara, Toshikiro Kimura, Kazutaka Higaki, Akiko Tanaka, Reiko Yutani, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi. Quantitative estimation of the effect of nasal mucociliary function on in vivo absorption of norfloxacin after intranasal administration to rats. Mol. Pharm., 15, 4462-4469, 2018.

6. Kasirawat Sawangrat, Shugo Yamashita, Akiko Tanaka, Masaki Morishita, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Modulation of intestinal transport and absorption of topotecan, a BCRP substrate, by various pharmaceutical excipients and their inhibitory mechanism of BCRP transporter. J. Pharm. Sci., in press, 2018.

7. Shunsuke Kimura, Akiko Kiriyama, Erika Nishimura, Shiori Sakata, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Reiko Yutani, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Katsumi Iga, Toshiyasu Sakane. Novel strategy for the systemic delivery of furosemide based on a new drug transport mechanism. Biol. Pharm. Bull., 41, 1769-1777, 2018.
8. Akiko Tanaka. Optimization of nasal drug absorption from powder formulations: the feasibility of controlling drug absorption by the use of pharmaceutical excipients. Yakugaku Zasshi., 138, 1467-1472, 2018.

2017年

1. Masashi Adachi, Yuta Hinatsu, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Manabu Nakatani, Koichi Wada, Akira Yamamoto. Effects of manufacturing methods on dissolution and absorption of ketoconazole in the presence of organic acid as a pH modifier. AAPS PharmSciTech, 18(4), 1203-1212, 2017.

2. Akiko Tanaka, Tomoyuki Furubayashi, Manami Tomisaki, Mayuko Kawakami, Shunsuke Kimura, Daisuke Inoue, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Nasal drug absorption from powder formulations: The effect of three types of hydroxypropyl cellulose (HPC). Eur. J. Pharm. Sci., 96, 284-289, 2017.

3. Akiko Tanaka, Tomoyuki Furubayashi, Yuki Enomura, Hori T., Rina Shimomura, Chiaki Maeda, Shunsuke Kimura, Daisuke Inoue, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Nasal Drug absorption from powder formulations: Effect of fluid volume changes on the mucosal surface. Biol. Pharm. Bull., 40(2), 212-219, 2017.

4. Kentaro Takayama, Kenji Mori, Akiko Tanaka, Erina Nomura, Yuko Sohma, Miwa Mori, Akihiro Taguchi, Atsuhiko Taniguchi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto, Naoto Minamino, Mikiya Miyazato , Kenji Kangawa, Yoshio Hayashi. Discovery of a human neuromedin U receptor 1-selective hexapeptide agonist with enhanced serum stability. J. Med. Chem., 60, 5228-5234, 2017.

5. Shugo Yamashita, Hidemasa Katsumi, Nozomi Hibino, Yugo Isobe, Yumiko Yagi, Kosuke Kusamori, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Development of PEGylated carboxylic acid-modified polyamidoamine dendrimers as bone-targeting carriers for the treatment of bone diseases. J. Control. Release, 262, 10-17, 2017.

6. Hidemasa Katsumi H., Yutaro Tanaka, Kaori Hitomi, Shu Liu, Ying-shu Quan, Fumio Kamiyama, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto A. Efficient transdermal delivery of alendronate, a nitrogen-containing bisphosphonate, using tip-loaded self-dissolving microneedle arrays for the treatment of osteoporosis. Pharmaceutics, 9, 29-39, 2017.

7. 寺岡麗子,三宅真衣,伊藤真依,塩野朋香,沼田千賀子,中山みずえ,岡本禎晃,平井みどり,湯谷玲子,北河修治,坂根稔康, フィルムドレッシング材による1日1回型フェンタニルクエン酸塩経皮吸収型製剤の半量投与. 医療薬学, 43, 671-679, 2017.

2016年

1. Akiko Tanaka, Tomoyuki Furubayashi, Hitomi Yamasaki, Katsuko Takano, Mayuko Kawakami, Shunsuke Kimura, Daisuke Inoue, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. The enhancement of nasal drug absorption from powder formulations by the addition of sodium carboxymethyl cellulose. IEEE Trans. Nanobiosci., 15(8), 798-803, 2016.

2. Akiko Tanaka, Tomoyuki Furubayashi, Akifumi Matsushita, Daisuke Inoue, Shunsuke Kimura, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto. Nasal absorption of macromolecules from powder formulations and effects of sodium carboxymethyl cellulose on their absorption. PLoS One, 11, e0159150, 2016.

3. 寺岡 麗子、中山 みずえ、竪 ゆりか、上田 華世、湯谷 玲子、沼田 千賀子、岡本 禎晃、平野 剛、富田 猛、平井 みどり、北河 修治、「1日1回貼り替え型フェンタニルクエン酸塩貼付剤(フェントステープ)の薬物残存量に影響を与える要因」日本緩和医療薬学雑誌 9, 25-32, 2016.

4. Reiko Yutani, R., Komori Y., Atsuko Tekeuchi, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa. Prominent efficiency in skin delivery of resveratrol by novel sucrose oleate microemulsion. J. Pharm. Pharmacol., 68, 46-55, 2016.

5. Shuji Kitagawa, Reiko Yutani, Kodani R., Reiko Teraoka. Differences in the rheological properties and mixing compatibility with heparinoid cream of brand name and generic steroidal ointments; effects of surfactants they contain” Results Pharma. Sci., 6, 7-14, 2016.

CONFERENCE PRESENTATION

学会発表

2019年

  1. 柴谷恭佑, 津田香央莉, 田中晶子, 湯谷玲子, 古林呂之, 坂根稔康 「薬物の消化管吸収に対する消化管内容物の影響」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/16
  2. 古林呂之, 清原万美子, 井上大輔, 森山 圭, 田中晶子, 湯谷玲子, 坂根稔康 「ラマン分光法を利用した粉末状薬物の経鼻吸収性推定法の構築Ⅲ~培養細胞上での結晶溶解解析~」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/18
  3. 井上大輔, 田中晶子, 湯谷玲子, 古林呂之, 坂根稔康「鼻腔内投与後の脳への薬物移行特性の解析:脳の部位別動態に基づく評価 」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/18
  4. 田中晶子, 別當華歩, 井上大輔, 湯谷玲子, 古林呂之, 坂根稔康「鼻腔内投与後の脳への薬物移行機構の解析」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/18
  5. 辻中映美, 西村菜菜, 田中晶子, 湯谷玲子, 古林呂之, 坂根稔康, 四方田千佳子「ロキソプロフェン含有一般用医薬品の溶出挙動の比較」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/18
  6. 西村菜菜, 辻中映美, 田中晶子, 湯谷玲子, 古林呂之, 坂根稔康, 四方田千佳子 「一般用単味イブプロフェン錠の溶出挙動の比較 」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/18
  7. 湯谷玲子, 山中貴裕, 寺岡麗子, 北河修治, 坂根稔康 「ラマン分光法によるワセリンの結晶性の可視化」日本薬剤学会第 34 年会 (富山), 2019/5/18
  8. 松田 芳明, 田中 晶子, 田村 大樹, 井上 大輔, 勝見 英正, 山本 昌, 湯谷 玲子, 古林 呂之, 坂根 稔康「鼻腔内投与された Oxytocin の脳内移行性 」第 35 回日本 DDS 学会学術集会 (横浜), 2019/7/5
  9. 田中 晶子, 山本 有理, 西川 絵里, 井上 大輔, 湯谷 玲子, 古林 呂之, 坂根 稔康「鼻腔より直接脳内に移行した薬物の脳内動態」第 35 回日本 DDS 学会学術集会 (横浜), 2019/7/4
  10. 古林 呂之, 大島 千尋, 井上 大輔, 田中 晶子, 湯谷 玲子, 坂根 稔康「α-Galactosylceramide の鼻腔内投与による免疫活性化に関する検討」第 35 回日本 DDS 学会学術集会 (横浜), 2019/7/4
  11. 内藤 千尋, 山口 朋子, 勝見 英正, 木村 思瑶, 亀井 咲知, 森下 将輝, 坂根 稔康,  川端 健二, 山本 昌「ヒト iPS 細胞由来三次元培養皮膚を用いた経皮吸収評価系の構築」第 35 回日本 DDS 学会学術集会 (横浜), 2019/7/4
  12. 田村 陽水, 勝見 英正, 清水 勝, 木下 貴恵, 田中 晶子, 森下 将輝, 山本 昌「腹腔内化学療法による腹膜播種治療の効率化を目指したパクリタキセル搭載アルブミンゲル の開発」第 35 回日本 DDS 学会学術集会 (横浜), 2019/7/5
  13. 阿部 美幸, 勝見 英正, 田中 晶子, 中村 恵理, 林 実茄, 小西 敦子, 武上 茂彦, 北出 達也, 森下 将輝, 山本 昌「イオン液体を含む経皮吸収製剤を用いた片頭痛治療薬 Sumatriptan の経皮吸収性の改善」第 35 回日本 DDS 学会学術集会 (横浜), 2019/7/5
  14. Hiroki Tamura, Akiko Tanaka, Yoshiaki Matsuda, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Reiko Yutani, Tomoyuki Furubayashi, Toshiyasu Sakane: Transnasal delivery of a bioactive peptide, oxytocin, to the brain for the treatment of autism spectrum disorder, The 3rd Workshop for Japan-Korea Young Sciencists on Pharmaceutics (Chiba), 2019/7/10
  15. Hirotaka Kanayama, Kyousuke Shibatani, Akiko Tanaka, Reiko Yutani, Tomoyuki Furubayashi, Toshiyasu Sakane: Effects of gastrointestinal content on intestinal absorption of drugs, The 3rd Workshop for Japan-Korea Young Sciencists on Pharmaceutics (Chiba), 2019/7/10
  16. 田中晶子, 川上栞里, 藩守一朗, 児島悠史, 高谷友佳, 新田朋弘,  勝見英正, 湯谷玲子, 古林呂之, 坂根稔康「ステロイド軟膏と保湿軟膏剤との併用:塗布の順番とステロイドの経皮吸収性との関係」医療薬学フォラム 2019 (広島), 2019/7/14

2018年

  1. 田中晶子,井上大輔,古林呂之,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「薬物の経鼻吸収予測システムの開発:in vitro 評価系に用いる細胞の比較」 日本薬学会第138年会 (金沢市),2018/3/24古林呂之,小林正樹,松原嘉子,井上大輔,田中晶子,勝見英正,山本 昌,湯谷玲子,寺岡麗子,坂根稔康:「α‐Galactosylceramideの鼻粘膜透過性改善を目指した製剤最適化に関する検討」 日本薬学会第138年会 (金沢市),2018/3/24
  2. 羽澤知穂,寺岡麗子,都出千里,湯谷玲子,坂根稔康:「種々のカルバマゼピン-ジカルボン酸共結晶の光安定性比較」 日本薬学会第138年会 (金沢市),2018/3/24
  3. 井上大輔,田中晶子,勝見英正,山本 昌,湯谷玲子,坂根稔康,古林呂之:「鼻腔内投与による脳への薬物送達IV:Microdialysis法による脳移行性の定量評価」 日本薬剤学会第33年会 (静岡市),2018/5/31
  4. 田中晶子,井上大輔,古林呂之,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「鼻腔内投与後の脳への薬物移行:薬物物性と投与剤形との関係」 日本薬剤学会第33年会 (静岡市),2018/6/1
  5. 木村峻輔,西村英里香,坂田詩織,坂根稔康,喜里山暁子:「薬物の溶解に依存しない吸収メカニズムを基盤とする薬物吸収改善方法の開発」 日本薬剤学会第33年会 (静岡市),2018/6/1
  6. 古林呂之,清原万美子,井上大輔,森山 圭,田中晶子,勝見英正,山本 昌,湯谷玲子,坂根稔康:「ラマン分光法を利用した粉末状薬物の経鼻吸収性推定法の構築Ⅱ ~培養細胞上での溶解パターン評価~」 日本薬剤学会第33年会 (静岡市),2018/6/1
  7. 坂根稔康,田中晶子, 湯谷玲子,井上大輔,古林呂之,勝見英正,山本 昌:「鼻腔内投与による生理活性ペプチドの脳内送達」 第34回日本DDS学会学術集会 (長崎市), 2018/6/21
  8. 木村 峻輔,西村 英里香,坂田 詩織,坂根 稔康,喜里山 暁子:「薬物の溶解に依存しない粘膜吸収メカニズムを基盤とする薬物吸収改善方法の開発」 第34回日本DDS学会学術集会 (長崎市), 2018/6/21
  9. 田中晶子,井上大輔,古林呂之,勝見英正,湯谷玲子,坂根稔康,山本 昌:「粉末製剤投与後の薬物の経鼻吸収性に対するムチンの影響」 第34回日本DDS学会学術集会 (長崎市), 2018/6/21古林呂之,井上大輔,小林正樹,勝見英正,山本 昌,田中晶子,湯谷玲子,坂根稔康:「鼻腔内投与によるα-Galactosylceramideの頸部リンパ節への直接送達に関する検討」 第34回日本DDS学会学術集会 (長崎市), 2018/6/21
  10. 井上大輔,田中晶子,勝見英正,山本 昌,湯谷玲子,坂根稔康,古林呂之:「鼻腔内投与による脳への薬物送達V:脳内各部位の個別評価に基づく鼻腔-脳間の薬物移行メカニズムの解析」 第34回日本DDS学会学術集会 (長崎市), 2018/6/22
  11. 田中晶子, 高山健太郎, 井上大輔, 古林呂之, 勝見英正, 山本 昌, 湯谷玲子, 林 良雄, 坂根稔康:「生理活性ペプチドの鼻腔内投与による脳への送達と中枢疾患治療への応用」 第27回DDSカンファランス (静岡市), 2018/9/7
  12. Akiko Tanaka, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Reiko Yutani, Toshiyasu Sakane: Transnasal delivery of a bioactive peptide, oxytocin, to the brain for the treatment of autism spectrum disorder, 2018 AAPS Annual Meeting and Exposition (Washinton D.C., USA), 2018/11/5
  13. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Reiko Yutani, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi: The Effect of Brain Fluid Circulation on Brain Uptake of the Drug after Intranasal Administration: Quantitative Analysis by Brain Microdialysis, 2018 AAPS Annual Meeting and Exposition (Washinton D.C., USA), 2018/11/5
  14. 寺岡麗子, 矢倉裕輝, 出口千裕, 湯谷玲子, 坂根稔康:「テノホビルアラフェナミドフマル酸塩を含有するデシコビ配合錠の簡易懸濁法適用時の安定性」 第28回日本医療薬学会年会 (神戸市), 2018/11/23
  15.  宍戸康剛, 湯谷玲子, 寺岡麗子, 坂根 稔康:「亜鉛華単軟膏のレオロジー特性と混合性に及ぼす保存温度の影響」第28回日本医療薬学会年会 (神戸市), 2018/11/23
  16. 加藤 薫, 湯谷玲子, 寺岡麗子, 坂根稔康:「混合調剤がサリチル酸ワセリン軟膏の特性および主薬の皮膚透過性に及ぼす影響」第28回日本医療薬学会年会 (神戸市), 2018/11/23

2017年

  1. Toshiyasu Sakane, Reiko Yutani, Reiko Teraoka, Akiko Tanaka, Yuki Takemura, Koji Taketa, Kentaro Takayama, Yoshio Hayashi, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto: Transnasal delivery of the peptide to the brain, International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences (Kyoto, Japan), 2017/3/9
  2. Akiko Tanaka, Mari Arai, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Kosuke Kusamori , Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto: Transnasal delivery of oxytocin to the brain for the treatment of autism, International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences (Kyoto, Japan), 2017/3/9
  3. Tomoyuki Furubayashi, Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Toshiyasu Sakane: Comparison of some cultured cell lines and the three dimensional mucociliary tissue model system for nasal absorption study to estimate the drug permeability II, International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences (Kyoto, Japan), 2017/3/9
  4. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi: Effect of glymphatic pathway system on direct delivery of caffeine from nose to brain, International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences (Kyoto, Japan), 2017/3/9
  5. 坂根稔康,田中晶子,竹村有希,湯谷玲子,寺岡麗子,武田康嗣,高山健太郎,草森浩輔,勝見英正,林 良雄,山本 昌:「鼻腔内投与によるCPN-116の脳内送達」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/25
  6. 田中晶子,新井真理,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「Oxytocinの鼻腔内投与:直接移行経路を介した脳内送達の可能性」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/25
  7. 木村峻輔,喜里山暁子,加藤萌音,西村英里佳,坂田詩織,荒木加永子,榎村眞一,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌,伊賀勝美:「新規生体膜透過機構に基づいた難水溶性薬物クルクミンの吸収性改善」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/27
  8. 古林呂之,井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「各種培養細胞系の薬物経鼻吸収性評価に対する適合性比較」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/27.
  9. 田路隆了,湯谷玲子,寺岡麗子,坂根稔康:「撹拌操作に伴う白色ワセリンのレオロジー特性の経時的変化」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/27
  10. 土居千沙,寺岡麗子,湯谷玲子,都出千里,坂根稔康:「プルリフロキサシンとサッカリン塩及び種々の有機酸塩の光安定性及び熱安定性」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/27
  11. 松川美佐子,宮崎智子,寺岡麗子,湯谷玲子,都出千里,坂根稔康:「シプロフロキサシンサッカリン塩結晶多形の新規調製方法とその物理化学的特性および光安定性」 日本薬学会第137年会 (仙台市),2017/3/27
  12. 新井真理,田中晶子,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「Oxytocinの鼻腔内投与:直接移行経路を介した脳内送達の可能性」 日本薬剤学会第32年会 (さいたま市),2017/5/13
  13. 井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,山本 昌,坂根稔康,古林呂之:「経鼻投与後のCaffeineの脳内移行に対するGlymphatic Systemの影響」 日本薬剤学会第32年会 (さいたま市),2017/5/13
  14. 田中晶子,巽 恒太,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「鼻腔内投与された薬物の脳移行性評価:薬物物性と投与剤形との関係」 日本薬剤学会第32年会 (さいたま市),2017/5/13
  15. 古林呂之,井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,山本 昌,坂根稔康:「薬物の経鼻吸収性予測におけるヒト呼吸器系初代培養細胞の適合性」 日本薬剤学会第32年会 (さいたま市),2017/5/13
  16. 松本祐樹,寺岡麗子,湯谷玲子,坂根稔康:「市販リマプロストアルファデクス錠の分解速度の湿度依存性」 日本薬剤学会第32年会 (さいたま市),2017/5/13
  17. Akiko Tanaka, Chiaki Maeda, Mayu Amano , Koji Taketa, Kentaro Takayama, Yoshio Hayashi, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto: Transnasal delivery of the peptide to the brain, 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 (Stockholm, Sweden), 2017/5/22
  18. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi: Nose to brain direct delivery of CNS drugs: Effect of glymphatic system on brain pharmacokinetics and distribution after intranasal application, 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 (Stockholm, Sweden), 2017/5/22
  19. Reiko Teraoka, Misako Matsukawa, Tomoko Miyazaki, Reiko Yutani, Chisato Tode, Toshiyasu Sakane: New preparation method for two crystal forms of ciprofloxacin saccharinate and their photostability and hygroscopic property, 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 (Stockholm, Sweden), 2017/5/22
  20. Reiko Yutani, Yumi Tsutsumi, Reiko Teraoka, Toshiyasu Sakane: Microemulsions using sucrose laurate with various co-surfactants and their application to intradermal delivery of (-)-epicatechin, 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 (Stockholm, Sweden), 2017/5/22
  21. 井上大輔,岡田 実,田中晶子,勝見英正,山本 昌,坂根稔康,古林呂之:「薬物の経鼻吸収性予測システムの構築:培養細胞評価系によるin vivo鼻粘膜透過性の推定」 医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (鹿児島市), 2017/7/1
  22. 田中晶子,竹村有希,武田康嗣,高山健太郎,井上大輔,古林呂之,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「鼻腔内投与による生理活性ペプチドCPN-116の脳内送達」 医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (鹿児島市), 2017/7/1
  23. 古林呂之,井上大輔,田中晶子,勝見英正,山本 昌,湯谷玲子,寺岡麗子,坂根稔康:「経鼻ルートを介した薬物の頸部リンパ節ターゲッティングと速度論解析」 医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (鹿児島市), 2017/7/1
  24. 中山加菜恵,寺岡麗子,黒田英津子,青木菜摘,入江毬花,湯谷玲子,坂根稔康:「在宅中心静脈栄養法を適用するための注射薬混合高カロリー輸液の安定性評価 ?エルネオパ輸液にリンデロン注を混合した場合の各成分の安定性?」 医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (鹿児島市), 2017/7/1
  25. 田原花奈子,宍戸康剛,湯谷玲子,寺岡麗子,北河修治,坂根稔康:「他剤との混合に伴うワセリン軟膏からのサリチル酸の経皮吸収性の変化」 医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (鹿児島市), 2017/7/1
  26. 泉なな,井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,山本 昌,坂根稔康,古林呂之:「ラマン分光法を利用した粉末状薬物の経鼻吸収性推定法の構築」 第33回日本DDS学会学術集会 (京都市),2017/7/6
  27. 井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,山本 昌,坂根稔康,古林呂之:「鼻腔内投与による脳への薬物送達Ⅱ:Glymphatic Systemの影響」 第33回日本DDS学会学術集会 (京都市),2017/7/7
  28. 田中晶子,新井真理,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「Oxytocinの鼻腔内投与:直接移行経路を介した脳内送達の可能性」 第33回日本DDS学会学術集会 (京都市),2017/7/7.
  29. 天野真弓,田中晶子,武田康嗣,高山健太郎,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,林 良雄,山本 昌:「鼻腔内投与によるニューロメジン誘導体の脳内送達:新規肥満治療法の開発」 第33回日本DDS学会学術集会 (京都市),2017/7/7
  30. 巽 恒太,田中晶子,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「鼻腔-脳間の直接的薬物移行経路を介した薬物の脳移行性:薬物物性と投与剤形との関係」 第33回日本DDS学会学術集会 (京都市),2017/7/7
  31. 田中晶子,古林呂之,井上大輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「処方の最適化による粉末製剤化医薬品の経鼻吸収性の改善― 製剤添加物による吸収性の精密制御の可能性 ―」 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会 (神戸市),2017/10/14
  32. 西村英里香,坂田詩織,木村峻輔,喜里山暁子,坂根稔康,伊賀勝美:「新規生体膜透過機構に基づいた難水溶性薬物フロセミドの吸収性改善」 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会 (神戸市),2017/10/14
  33. Reiko Yutani, Kanako Tawara, Yasutaka Shishido, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa, Toshiyasu Sakane:Effects of mixing with other ointments and creams on rheological properties of salicylic acid ointment and skin permeation of salicylic acid, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (京都市),2017/10/21
  34. Akiko Tanaka, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Kentaro Takayama, Yoshio Hayashi, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto, Transnasal delivery of peptide agonist specific to neuromedin U receptor 2 to the brain for the treatment of obesity, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (京都市),2017/10/21
  35. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Reiko Yutani, Reiko Teraoka, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi: Direct nose to brain delivery of CNS drugs: The Effect of glymphatic system on drug distribution in brain parenchyma, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (京都市),2017/10/21
  36. 坂根稔康:「薬物の鼻腔内投与:薬物の吸収と投与後の分布の特徴」 第27回日本医療薬学会年会 (千葉市),2017/11/4
  37. 湯谷玲子,田原花奈子,宍戸康剛,寺岡麗子,北河修治,坂根稔康:「他剤との混合に伴うサリチル酸ワセリン軟膏のレオロジー特性と経皮吸収性の変化」 第27回日本医療薬学会年会 (千葉市),2017/11/4
  38. 三木奏人,田路隆了,湯谷玲子,寺岡麗子,坂根稔康:「ワセリンを基剤とする軟膏剤の特性に及ぼす撹拌操作および温度の影響」 第27回日本医療薬学会年会 (千葉市),2017/11/5
  39. 出口千裕,寺岡麗子,矢倉裕輝,湯谷玲子,坂根稔康:「テノホビルのプロドラッグを含有する2種類の抗HIV薬の簡易懸濁法適用の可否」 第27回日本医療薬学会年会 (千葉市),2017/11/5
  40. Tomoyuki Furubayashi, Nana Izumi, Daisuke Inoue, Kei Moriyama, Akiko Tanaka, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Reiko Yutani, Reiko Teraoka, Toshiyasu Sakane: Measurement of dissolution profiles of powdery drugs by Raman spectroscopy and its application to prediction of nasal drug absorption, 2017 AAPS Annual Meeting and Exposition (San Diego, USA), 2017/11/14
  41. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Reiko Yutani, Reiko Teraoka, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi: Direct Nose to Brain Delivery of CNS Drugs: The effect of Glymphatic System on Pharmacokinetics and Brain Distribution of Sulpiride after Nasal Application, 2017 AAPS Annual Meeting and Exposition (San Diego, USA), 2017/11/14
  42. Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Reiko Yutani, Reiko Teraoka, Toshiyasu Sakane, Tomoyuki Furubayashi: Direct delivery of CNS drugs to the brain by nasal application III: Pharmacokinetic analysis of the effect of glymphatic system on drug delivery to brain parenchyma, 日本薬物動態学会第32回年会 (東京都), 2017/11/30
  43. Akiko Tanaka, Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Kentaro Takayama, Yoshio Hayashi, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto: Transnasal delivery of peptide agonist specific to neuromedin U receptor 2 to the brain for the treatment of obesity, 日本薬物動態学会第32回年会 (東京都), 2017/11/30

2016年

  1. 田中晶子, 竹村友希, 武田康嗣, 高山健太郎, 古林呂之, 草森浩輔, 勝見英正, 坂根稔康, 林 良雄, 山本 昌:「鼻腔内投与による生理活性ペプチド CPN-116 の脳内送達」日本薬剤学会 31 年会 (岐阜), 2016/5/19
  2. 浅田めぐみ,湯谷玲子,寺岡麗子,北河修治:「種々の界面活性剤を用いたマイクロエマルションによるレスベラトロールの皮膚デリバリー改善」日本薬剤学会 第 31 年会 (岐阜), 2016/5/19
  3. 堤 夕実,信野亜由美,湯谷玲子,寺岡麗子,北河修治:「種々の補助界面活性剤を用いたマイクロエマルションによるポリフェノールの皮膚デリバリー改善効果の比較」日本薬剤学会 第 31 年会 (岐阜), 2016/5/19
  4. 佐藤麻衣子,田路隆了,田原花奈子,湯谷玲子,寺岡麗子,北河修治,坂根稔康:「亜鉛華単軟膏のレオロジー特性とアズノール軟膏との混合性」第26回日本医療薬学会年会 (京都), 2016/9/17
  5. Daisuke Inoue, Masahiro Hirao, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto, Tomoyuki Furubayashi:Direct drug delivery from nose to brain: The effect of anesthesia on caffeine pharmacokinetics and brain distribution, 日本薬物動態学会第33回年会 (松本), 2016/10/13
  6. 井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌,古林呂之: 「経鼻投与後のカフェイン脳移行特性に及ぼす麻酔状態の影響」第10回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (前橋), 2016/11/5
  7. Daisuke Inoue, Masahiro Hirao, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto, Tomoyuki Furubayashi: Direct delivery of caffeine from nose to brain: The effect of anesthesia on caffeine pharmacokinetics and brain distribution, 2016 AAPS Annual Meeting and Exposition (Denver, USA), 2016/11/15
  8. Tomoyuki Furubayashi, Daisuke Inoue, Akiko Tanaka, Kosuke Kusamori, Hidemasa Katsumi, Akira Yamamoto, Toshiyasu Sakane: Comparison of some cultured cell lines and the three dimensional mucociliary tissue model system to estimate the drug permeability for nasal absorption study, 2016 AAPS Annual Meeting and Exposition (Denver, USA), 2016/11/15
  9. 坂根稔康:「鼻腔内投与による脳への薬物送達 ~背景・現状と問題点~」 第22回創剤フォーラム若手研究会 (岡山), 2016/11/26
  10. 木村峻輔,荒木加永子,榎村眞一,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「クルクミンのin vivo吸収性に対する非晶質固体粒子の直接的な関与」 第22回創剤フォーラム若手研究会 (岡山), 2016/11/26
  11. 松原嘉子,比嘉海夢,井上大輔,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,山本 昌,坂根稔康,古林呂之:「経鼻ルートを介した各種薬物の頸部リンパ節移行性評価」 第22回創剤フォーラム若手研究会 (岡山), 2016/11/26
  12. 泉 なな,山川祐輝,井上大輔,森山圭,田中晶子,草森浩輔,勝見英正,山本 昌,坂根稔康,古林呂之:「粉末状製剤の粘膜表面における溶解状態と膜透過の関係」 第22回創剤フォーラム若手研究会 (岡山), 2016/11/26
  13. 田中晶子,新井真理,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,山本 昌:「Oxytocinの鼻腔内投与:直接移行経路を介した脳内送達の可能性」 第22回創剤フォーラム若手研究会 (岡山), 2016/11/26
  14. 前田千晶,田中晶子,武田康嗣,高山健太郎,井上大輔,古林呂之,草森浩輔,勝見英正,坂根稔康,林 良雄,山本 昌:「鼻腔内投与によるCPN-116(ニューロメジンUアゴニストペプチド)の脳内送達」 第22回創剤フォーラム若手研究会 (岡山), 2016/11/26